/

この記事は会員限定です

長野・諏訪の産官学チーム 超音速ロケット機体設計

[有料会員限定]

長野県諏訪地域のものづくり企業や信州大学工学部などが参加する「SUWA小型ロケットプロジェクト」の開発チームは、超音速に耐えるロケット機体の形状を設計・開発することに成功した。宇宙航空研究開発機構(JAXA)と連携し、小型の模型を使った実験で空気抵抗などの性能を確認した。今後は推力の高いエンジン開発などに取り組み、2020年春の打ち上げを目指す。

音速を超える場合は空気抵抗が非常に大きくなり、衝撃...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り652文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン