富山銀の4~9月期、一転増益 与信関係費用が減少

2019/10/28 18:13
保存
共有
印刷
その他

富山銀行は28日、2019年4~9月期の連結純利益が前年同期比12%増の11億円になりそうだと発表した。従来予想は8億円で、一転増益となる。

富山銀行の現本店

地盤である富山県西部の景況感の悪化から期初に厳しめに見ていた与信関係費用が当初予想を下回った。保険商品の販売も好調だった。11月にオープンする新本店関連の費用が発生するため、20年3月期決算は修正しなかった。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]