豚コレラ対策に万全期す 横井九州農政局長が就任会見

2019/10/28 17:40
保存
共有
印刷
その他

九州農政局長に1日付で就任した横井績氏(56)は28日、熊本市内で記者会見した。熊本地震や豪雨など度重なる自然災害への対応のほか、先端技術を活用したスマート農業の推進、九州の農産物の輸出促進などを今後取り組んでいくことの柱にすることを表明。その上で「九州の農業の発展に力を尽くしたい」と抱負を語った。

就任会見をする九州農政局の横井績局長(28日、熊本市)

九州で盛んな養豚に関し、豚コレラへの対策にも万全を期す考えを示した。日本には上陸していないがアジアでも被害が拡大しているアフリカ豚コレラは「ワクチンがなく危険」と警戒感を示し、水際での防疫に力を入れると強調した。

国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡っては、「開門によらない和解を目指すのが国の方針だ」と述べるにとどめた。

横井氏は名古屋市出身で、東京農工大卒。1985年に農林水産省に入省し、農村振興局整備部長などを歴任した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]