「夢の高速炉」 降ろせない研究継続の旗
核燃サイクル 政策の蹉跌

日経産業新聞
2019/10/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2018年12月21日朝、首相官邸3階の会議室で開かれた原子力関係閣僚会議。菅義偉官房長官は「我が国は核燃料サイクルを推進し、高速炉の研究開発に取り組む」と宣言した。

政府が決めたのは高速増殖炉原型炉「もんじゅ」廃炉後の研究開発工程を示した「戦略ロードマップ」。21世紀後半に高速炉を本格利用すると明記した。すんなり決定されたかに見えたが、裏で方針を巡る政府内のひそかな攻防があった。

「高速炉開発…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]