ベルリンの壁崩壊から30年 繰り返す「分断」

ヨーロッパ
2019/11/3 5:00
保存
共有
印刷
その他

ベルリンの壁をハンマーでたたき壊す男性(1989年11月)=AP

ベルリンの壁をハンマーでたたき壊す男性(1989年11月)=AP

 第2次世界大戦後の東西冷戦の象徴だった「ベルリンの壁」が崩壊した1989年11月9日から30年がたちました。旧ソ連をリーダーとする社会主義国陣営に属していた東欧諸国が雪崩を打って資本主義や自由民主主義へ移行するきっかけとなり、経済のグローバル化を大きく進めました。ただ、最近ではトランプ米大統領の登場に象徴されるように世界的に保護主義が強まるなど、反グローバル化の動きも目立ちます。30年間を写真で振り返ります。

1989年11月当時の様子。ブランデンブルク門前の壁によじ登り、東西ドイツの人たちが歓声を上げた(AP)

1989年11月当時の様子。ブランデンブルク門前の壁によじ登り、東西ドイツの人たちが歓声を上げた(AP)

今は壁が姿を消し、多くの人々が行き交う(10月)=井上昭義撮影

今は壁が姿を消し、多くの人々が行き交う(10月)=井上昭義撮影

■壁は「飛び地」にあった

ベルリンの壁とは、ソ連と米国が対立していた東西冷戦時代に、ベルリン市街を分断していた壁のことです。1961年8月に東ドイツ政府が国民の西側への流出を防ぐ目的で作りました。東独内にあった西独の飛び地の西ベルリンを取り囲むように壁を設け、高さは3メートルで総延長は155キロに及んでいました。

■戦勝国が首都を分割

1945年2月、ヤルタで会談する(前列左から)チャーチル英首相、ルーズベルト米大統領、スターリン・ソ連首相(共同)

1945年2月、ヤルタで会談する(前列左から)チャーチル英首相、ルーズベルト米大統領、スターリン・ソ連首相(共同)

第2次大戦末期の1945年2月、クリミア半島のヤルタで米大統領のルーズベルト(当時)や英首相のチャーチル(同)、ソ連首相のスターリン(同)が集まり、戦後の世界のあり方を話し合いました。米ソ間の緊張関係を生み、戦後の東西冷戦の端緒になった会議でした。国際連合の設立も協議したほか、ソ連の対日参戦もここで決まったとされています。

■壁は崩れた

1989年11月、ベルリンの壁をハンマーでたたき壊す男性。頭上に立つ、東ドイツの国境警備隊は傍観していた(ロイター)

1989年11月、ベルリンの壁をハンマーでたたき壊す男性。頭上に立つ、東ドイツの国境警備隊は傍観していた(ロイター)

■冷戦が終結

1989年12月、マルタ島での米ソ首脳会談を終え記者会見するゴルバチョフ・ソ連共産党書記長(右)とブッシュ(父)米大統領(AP)

1989年12月、マルタ島での米ソ首脳会談を終え記者会見するゴルバチョフ・ソ連共産党書記長(右)とブッシュ(父)米大統領(AP)

1989年11月のベルリンの壁の崩壊で東西対立の構図が崩れる中で、同年12月に米ソ首脳が地中海の島国マルタで会談し、約40年にわたった東西冷戦の終結を宣言しました。この前の87年12月にはレーガン米大統領(当時)とゴルバチョフ・ソ連書記長(同)との間で中距離核戦力(INF)全廃条約が調印され、東西雪解けをもたらしました。

■今のベルリンを歩いてみた

再開発でベルリン中心部のポツダム広場周辺には、多くの高層ビルなどが立つ(10月)=井上昭義撮影

再開発でベルリン中心部のポツダム広場周辺には、多くの高層ビルなどが立つ(10月)=井上昭義撮影

市内に残る国境監視塔。多くの見学者が訪れていた(10月)=井上昭義撮影

市内に残る国境監視塔。多くの見学者が訪れていた(10月)=井上昭義撮影

ベルリン中心部の道路に引かれた旧国境を示す線(10月)=井上昭義撮影

ベルリン中心部の道路に引かれた旧国境を示す線(10月)=井上昭義撮影

ベルナウアー通りには約200メートルにわたって当時のままの壁が残されている(10月)=井上昭義撮影

ベルナウアー通りには約200メートルにわたって当時のままの壁が残されている(10月)=井上昭義撮影

■分断の壁、再び

国境の壁の試作品を視察したトランプ米大統領(2018年3月、カリフォルニア州)=ロイター

国境の壁の試作品を視察したトランプ米大統領(2018年3月、カリフォルニア州)=ロイター

アリゾナ州で建設が進む、メキシコ国境に立つ壁(9月)=AP

アリゾナ州で建設が進む、メキシコ国境に立つ壁(9月)=AP

冷戦終結後、世界では東西を隔てていた壁が取り払われ、モノやお金、人が自由に動き回るグローバル化が大きく進展しました。しかし、ここにきて再び内向きなムードが世界に広がり始めています。象徴的なのが米国で「アメリカ・ファースト(米国第一主義)」を掲げるトランプ大統領が誕生したことです。不法移民対策を重要政策に据えるトランプ政権は隣国メキシコとの国境沿いで「壁」の建設を進めています。

30年を経て、世界はまた本格的な分断の時代に戻ってしまうのでしょうか。

文・加藤彰介 編集・森本学、槍田真希子、鈴木輝良

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]