AIチャットが被災者支援 安否や手続きを助言

日経産業新聞
久保田 啓介
編集委員
2019/10/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)による自動応答システム「チャットボット」が防災で活用され始めた。台風19号災害の被災者に支援情報を提供したり、高齢者の安否確認や被害の把握などで試験導入したりする自治体が増えている。被災者が必要な情報をすぐに入手できるほか、自治体職員の負担軽減にも役立ち、災害対応を大きく変える可能性がある。

「自宅が被災したが、被害の認定基準を教えてほしい」「罹災(りさい)証明書の発行に必要なも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]