時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,522,844億円
  • 東証2部 75,072億円
  • ジャスダック 98,536億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.25倍 --
株価収益率15.17倍15.93倍
株式益回り6.59%6.27%
配当利回り1.89% 1.89%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,354.40 +54.31
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,420 +110

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

12月6日(金)14:20

パナソニックが中国に家電工場 16年ぶりに新設[映像あり]

バイオジェン エーザイと開発の新薬「認知低下を抑制」

12月6日(金)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

株、「両極端戦略」で備え 強まる不透明さ映す
証券部 須永太一朗

2019/10/28 17:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

先行きが不透明ななか上昇を続ける日本株市場で、苦肉の策ともいえる投資戦略が目立つ。個別テーマでの成長性に着目した「グロース株」と、利回りなどに着目した「バリュー株」の二兎(にと)を追う戦略だ。米中対立などの材料をきっかけに相場が大きく変動しやすい状況下、一方向にポジションを傾けるのを避けたい投資家心理を映し出している。

「人工知能(AI)などのイノベーションで成長する株と、業績や企業統治の改善が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム