群馬の企業「ヴィーガン」対応 誘客・食材輸出に活用
北関東フォーカス

2019/10/28 16:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

海外に多い完全菜食主義者「ヴィーガン」を商機ととらえ、誘客や食材の輸出に生かす企業が群馬で増えてきた。日本貿易振興機構(ジェトロ)が海外の著名シェフを招いたイベントを開くなど、支援に乗り出したのがきっかけだ。世界のヴィーガンに「グンマ」が認知されるには時間がかかるが、訪日客の受け入れに向けた企業の意識改革にもつながっている。

「うちの農場は国際的な安全認証を取得しており、農薬を一切使っていません…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]