/

この記事は会員限定です

サンマ、1カ月半遅れで旬到来 卸値も前月の半分

[有料会員限定]

サンマがようやくとれ始めた。先週末から北海道や三陸沖で連日千トン近い水揚げがあり、28日朝の豊洲市場(東京・江東)にも潤沢な入荷があった。しかも脂が乗って鮮度も良い。卸値は1キロ700円前後と、前月から半値に下がった。「1カ月半遅れで旬到来だ」と漁師や卸会社の担当者は腕まくりしている。

28日朝、豊洲市場には北海道や宮城県から届いた新鮮なサンマの箱が山積みになった。鮮魚店やスーパーのバイヤーが競う...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り322文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン