/

この記事は会員限定です

パラジウム、熱気欠く国内先物と盛り上がる現物投資

商品部 南畑竜太

[有料会員限定]

ガソリン車の排ガス処理触媒に使う工業用貴金属、パラジウムの価格上昇が続いている。ニューヨーク先物は10月に1トロイオンス1700ドルを突破。国内の先物価格も1グラム6千円乗せが迫る。ここ数年の上昇率は他の商品を圧倒し、先物市場で取引される金属としては最も高価になった。相場の急ピッチな上昇は先物取引の大きな魅力となるはずだが、国内の先物市場は熱気を欠く。取引が盛り上がり始めた現物市場とは対照的だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1325文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン