ペイペイモールで総額100億円還元、11月から最大2割

2019/10/28 12:28
保存
共有
印刷
その他

ヤフーは28日、11月1日からネット通販サイト「ペイペイモール」で、支払額の最大2割を還元するキャンペーンを始めると発表した。総額は100億円で、スマートフォン決済「ペイペイ」の残高として還元する。ヤフーとソフトバンクが展開するペイペイはサービス開始から1年間で、利用者が1500万人に増えた。大規模なキャンペーンを続け、ペイペイ経済圏を広げる。

ヤフーは新たな通販サイト「ペイペイモール」で、11月1日から総額100億円の還元キャンペーンを実施する(東京・渋谷)

ヤフーは新たな通販サイト「ペイペイモール」で、11月1日から総額100億円の還元キャンペーンを実施する(東京・渋谷)

ペイペイモールは10月中旬に新設された。出店者を絞り込んだネット通販サイトで、年内にダイソンやZOZOなど600店が出る。ペイペイでの支払いやソフトバンクのスマホ利用者などの条件を満たすと、最大2割を還元する。スマホがソフトバンク以外の場合は最大15%になる。

今回のキャンペーンの100億円は買い物の支払いの9%還元に充てる。この1人当たりの上限は原則、月1万円だが、例えばソフトバンクのスマホ利用者は追加で5%還元があるなど、還元額がさらに増える計算になる。

キャンペーンは11月1日から2020年1月31日までだが、総額100億円の上限に達した段階で終了となる。ペイペイは18年12月、実店舗の支払額の2割を還元するキャンペーンを実施。利用が殺到し、10日間で終了した。今回は通販サイトのほか、10月上旬に立ちあげたフリーマーケット(フリマ)サービス「ペイペイフリマ」でも、11月から最大2割の還元キャンペーンを実施する。

ヤフーの小沢隆生専務執行役員はネット通販などとスマホ決済のペイペイとの連携について「マーケティングでプラスになる。20年代前半に国内電子商取引(EC)物販で日本一になりたい」と話した。また過去の大規模キャンペーンでは利用急増によって、一時的なシステム停止もあったが「ゼロに近づけるべく、システムの増強などを実施している」と説明した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]