/

この記事は会員限定です

3人目の辞任と長期政権

Political Number

[有料会員限定]

菅原一秀氏が経済産業相を香典問題で辞任した。今年9月の内閣改造で初入閣した菅原氏の在任期間は45日だった。よく安倍晋三首相が再登板して以降の閣僚辞任は9人目といわれるが、より重視すべきは2017年11月に発足した第4次政権以降で3人目という数字の方だ。

長期政権は例外なく「飽き」「緩み」が指摘...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り456文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

Political Numberは原則隔週の水曜日に公開します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン