/

この記事は会員限定です

「原発マネー」解明なるか 関電第三者委、調査本格化

発覚から1カ月

[有料会員限定]

関西電力役員らが福井県高浜町の元助役から多額の金品を受領した問題は、外部の第三者委員会による再調査が進んでいる。不透明な「原発マネー」の流れや金品提供の趣旨、開始時期などが焦点で、11月から関係者の聞き取りが本格化する見通し。問題公表から27日で1カ月。元助役を含めて亡くなった関係者も多い中、12月末の報告期限までに全容を解明できるか不透明さも残る。(水口二季)

「関電にうみを出し切って、立ち直ってもらう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り931文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン