英野党・労働党、解散提案に慎重姿勢 支持率低迷で

英EU離脱
2019/10/28 1:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=今出川リアノン】英国の欧州連合(EU)離脱は10月末から再延期される公算が大きくなっているが、その先の行方が見えない。英議会は28日にジョンソン首相が提案した12月12日に総選挙を実施する解散動議を採決するが、最大野党・労働党は慎重な姿勢だ。支持率低迷や党内分裂で選挙の勝利に確信を持てないためだ。英議会の膠着状態が今後も続く可能性もある。

英を除くEU27カ国は25日の大使級会合で、…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]