/

この記事は会員限定です

サイバー防衛、病院でも 米デジサートやSOMPO系

遅れる日本の需要見込む 機器認証や通信可視化

[有料会員限定]

病院や医療機器へのサイバー攻撃を防ぐためのセキュリティー対策が日本でも出始めた。電子証明書で世界大手の米デジサートは医療機器への不正アクセスを防ぐサービスを提供する。SOMPOホールディングスのグループ会社はイスラエルの企業と病院のシステム監視を始める。海外では患者の電子カルテなどが闇市場で高値で売買され、病院へのサイバー攻撃が相次いでいる。対策が遅れがちな日本での需要を見込む。

デジサートは、インターネット上の身元を証明...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1515文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン