米高官、中国の衛星破壊実験けん制 富士山会合
宇宙防衛で日米協力「非常に重要」

2019/10/27 17:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日米の政府高官らが国際問題を話し合う「富士山会合」(日本経済研究センター、日本国際問題研究所主催)は27日、日米防衛協力などを巡り討論会を開いた。米国防総省のジョン・ヒル宇宙政策首席ディレクターは日本経済新聞の取材に、宇宙での日米の防衛協力が「非常に重要になる」と強調。中国による人工衛星の破壊実験に触れ「この種の能力開発は不穏な脅威だ」とけん制した。

ヒル氏は米軍の指揮統制や偵察、ミサイル防衛に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]