/

菅氏、韓国側の変化指摘 「話し合いの雰囲気に」

菅義偉官房長官は27日、対立が続く日韓関係について「韓国も『このままでは駄目だ、何らかの話し合いを』という雰囲気になってきている」と述べ、韓国側の対応に変化が見られると指摘した。東京都内で竹中平蔵・元総務相らと参加したパネルディスカッションで語った。

菅氏は日韓関係を悪化させた大きな要因として、昨年10月に元徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁の確定判決を挙げた。「日韓請求権協定を司法も順守するのが大原則だ。もう一度、元に戻してもらう」と訴えた。

安倍政権が最重要課題に掲げる全世代型社会保障制度の構築に意欲を示し「改革を進めていかなければならない」と強調した。健康寿命の延伸、遠隔医療の促進に取り組むとした。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン