ピーチ、バニラから路線引き継ぎ完了 成田で記念式典

2019/10/27 16:19
保存
共有
印刷
その他

井上CEOらが第3ターミナルからの初便を見送った(27日、成田空港)

井上CEOらが第3ターミナルからの初便を見送った(27日、成田空港)

格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは27日、バニラ・エアから路線の引き継ぎを完了した。関西地盤のピーチが首都圏を中心に運航してきたバニラを統合、首都圏の便数が大きく増える。統合で成田空港はピーチの5つ目の拠点となった。

ブランド統合後、初めて成田を出発する関西国際空港行き312便に合わせた記念式典を27日午前7時から開いた。井上慎一最高経営責任者(CEO)があいさつしたほか、ピーチの客室乗務員らが搭乗口で乗客を見送った。

成田空港で「新生ピーチ」をアピールした(27日、成田空港)

成田空港で「新生ピーチ」をアピールした(27日、成田空港)

あいさつで井上CEOは「統合でアジアのリーディングLCCを目指した新たなチャレンジが始まろうとしている」と述べた。バニラから引き継いだ首都圏での足場固めを急ぎ、「首都圏からのネットワークをどんどん増やしていきたい」と意気込みを語った。

ピーチは成田ではこれまで第1旅客ターミナルを使っていたが、27日からバニラが使っていたLCC専用の第3ターミナルに移った。第3ターミナルは低コストで済むほか、国内・国際線の両方で使えるメリットがある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]