/

クラシックカー150台が集結、トヨタ博物館でイベント

展示されたクラシックカーを見ようと多くの人が集まった(27日、愛知県長久手市)

クラシックカー約150台が一堂に集結するイベント「クラシックカー・フェスティバル」が27日、愛知県内で開かれた。トヨタ自動車が運営するトヨタ博物館(愛知県長久手市)の企画で、第30回記念となる今年は日本車メーカー8社の担当者によるトークショーも開催された。こだわりの車を一目見ようと、家族連れなど多くの人が詰めかけた。

同日午前には、個人が所有する1920~80年代のクラシックカー約150台が公道をパレードした。会場となった愛・地球博記念公園(同)の中でもクラシックカーを走らせるイベントがあり、1969年式の「トヨタ2000GT」などが人気を集めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン