アルゼンチン、大統領選前に市民がドルに殺到

中南米
2019/10/27 5:17
保存
共有
印刷
その他

ドル不足により、両替商の店舗から閉め出された人々(25日、ブエノスアイレス)

ドル不足により、両替商の店舗から閉め出された人々(25日、ブエノスアイレス)

【ブエノスアイレス=外山尚之】27日に大統領選を控えるアルゼンチンで、市民が現地通貨をドルに交換する動きが広がっている。世論調査で左派の野党候補、アルベルト・フェルナンデス元首相(60)が現職で中道右派のマウリシオ・マクリ大統領(60)を大幅にリードしており、政権交代で通貨安が加速するとの懸念があるためだ。闇市場での取引も活発化しており、為替相場は不安定な状況が続いている。

「もうドルがないからこれ以上並んでも無駄だ!」。25日午後3時ごろ、ブエノスアイレスの両替商が集まる一角を訪れると、店員が客を閉め出していた。平日にもかかわらず、仕事を抜け出して両替を希望する人々が殺到していた。

両替を終えたジャンピエロ・ドトル氏(33)は「選挙のニュースを見て不安になったから、ドルに変えておこうと思った」と話し、ドルの入ったかばんを大切そうに抱え、足早に立ち去った。

調査会社フェデリコ・ゴンザレス・イ・アソシアドスが17日に発表した最新の世論調査では、フェルナンデス氏の支持率は54%で、マクリ氏の31.5%に大きく差をつける。アルゼンチンでは1回目の投票で得票率で45%以上を獲得するか、40%以上で2位候補に10ポイント以上の差をつければ、決選投票を待たずに勝敗が決する。財政規律を無視した大衆迎合策を掲げるフェルナンデス氏の当選可能性が高まる中、月曜以降、ペソが不安定になるとの見方は根強い。

マクリ政権は9月上旬、通貨下落を防ぐために外貨の購入や送金額を制限する資本規制を導入した。一連の政策で企業や投機筋の大口のペソ売りが抑えられたため為替相場は落ち着いたように見えるが、市民のペソ売りの動きは止まらず、じりじりと値を下げている。

為替規制の網をくぐる闇市場での取引も活発化している。「カンビオ(両替)、カンビオ――」。ブエノスアイレス中心部のフロリダ通りでは、両替を呼びかける声が響き渡る。同所の名物でもあるフリーの両替商、通称「カンビオ・ガイ」たちの呼び込みだ。

アルゼンチンでは2015年まで為替取引が自由化されておらず、公定レートと闇レートの2種類が併存しており、カンビオ・ガイは闇レートでの両替を担っていた。マクリ政権発足後はレートが一本化されたため、彼らの商売は下火となっていたが、ここに来て再び脚光を集めている。

「ドルからペソは大歓迎だ。1ドル=72ペソでどうだ?」あるカンビオ・ガイにレートを聞いてみたところ、付近の両替商のレート(1ドル=60.5ペソ)に比べ大幅に有利な条件での取引を持ちかけてきた。一方、ペソからドルについては「1ドル=77ペソだ」と、両替商に比べ1割以上高い、強気の姿勢を示す。闇取引では取引額の上限規制も無視でき、身分証明書も必要ない。不利なレートを承知の上で、いますぐドルが欲しいというニーズは強いという。

市民が競って自国通貨をドルに替える背景には過去の歴史がある。アルゼンチンは過去8回のデフォルト(債務不履行)経験があり、預金封鎖やドル預金のペソへの強制両替の記憶も新しい。銀行もペソも信じない市民が多い中、18年に始まった通貨下落や足元の選挙により、市民はドル信仰を一層強めている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]