/

この記事は会員限定です

ファーウェイ5G特許 中核技術で欧米に依存

[有料会員限定]

中国・華為技術(ファーウェイ)の特許を分析すると、次世代通信規格「5G」に関わる「標準必須特許」を多数保有する一方、中核技術分野では欧米勢に依存する構図も浮かび上がる。ファーウェイは依存脱却へ技術の内製化を急いでおり、米政府の制裁は世界で先端技術の分断を招く恐れがある。

特許分析を手掛ける正林国際特許商標事務所(東京・千代田)が、2000年以降に世界各国で出願(国際特許出願も含む)された5G関連の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1138文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン