台風や計画運休で相次ぐ興行中止 保険需要が拡大

台風19号
2019/10/26 21:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地震だけでなく、度重なる台風上陸による大雨や突風などが興行イベントへの大きなリスクとして意識され始めた。台風19号では鉄道の大規模な計画運休などで、早々に中止が決定した事例も多かった。興行中止保険などで備える興行主も増えているが、天候リスクがコンサートやスポーツ競技など「コト消費」人気で伸びる市場への冷や水となりつつある。

チケット販売会社ぴあの集計では、台風19号の影響で約600件のイベントが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]