千葉などの大雨、重なった3つの要因

2019/10/26 21:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

千葉県や福島県などを襲った今回の大雨は3つの要因が重なって発生したとみられる。

まず、低気圧が関東上空を北東に進みながら、南から暖かく湿った空気をもたらした。そこに日本列島の東側を北東に進んでいた台風21号が湿った空気を持ち込んだ。

さらに千島列島上空の高気圧から冷たい空気が流れ込んだ。これらの空気が関東付近でぶつかって積乱雲が発達し、大雨が降ったと考えられる。

2つの低気圧から湿った空気がもた…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]