日銀、追加緩和見送りの公算 10月決定会合
内需底堅く、為替安定で

2019/10/26 20:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日銀が30~31日開く金融政策決定会合で、マイナス金利の引き下げなど追加の金融緩和を見送る公算が大きくなった。設備投資を中心に内需は底堅く、海外経済の下振れリスクは依然残るが大きくはなっていないとの判断から「追加緩和カード」を温存する方向だ。金融市場が円安・株高基調で安定していることも一因になっている。

日銀は9月の決定会合で、海外経済の減速リスクを踏まえ10月会合で経済・物価動向を改めて点検す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]