菅氏、台風被害の埼玉視察 河川決壊現場や孤立特養

2019/10/26 16:38
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は26日午前、台風19号の被害や復旧状況を確認するため、埼玉県坂戸市、川越市に浸水被害をもたらした越辺川の決壊現場を視察した。浸水で入居者らが一時孤立した川越市の特別養護老人ホーム「川越キングス・ガーデン」も訪問した。

 台風19号によって決壊した埼玉県の越辺川の現場を訪れた菅官房長官(手前右、10月26日)=共同

老人ホームでは被災自治体の関係者らと意見交換した。菅氏は早期復旧に向けた支援を要請され「しっかりと受け止め、政府として対応する」と述べた。

菅氏は視察に先立ち、首相官邸で開いた非常災害対策本部会議に出席。台風15、19号被害の復旧状況を確認し、千葉県などでの豪雨被害の現状について協議した。

一方、自民党は関東や東北にかけての記録的な大雨を受け、災害対策本部役員会を開催。二階俊博幹事長が早急な対策を取るよう指示した。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]