ウィーワーク支援のソフトバンクG、株・社債に下落圧力

2019/10/26 18:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ソフトバンクグループ(SBG)がシェアオフィス、ウィーワークを運営する米ウィーカンパニーの支援を決めたことを、株式・社債市場が不安視している。株式市場ではSBG株が約9カ月ぶりの水準に下落し、社債にも売り圧力がかかっている。傘下の「ビジョン・ファンド」ではなく、SBG本体が主導する異例の支援となったためだ。SBGが支援を決めたにもかかわらず、ウィーカンパニーの社債価格も低迷が続いている。

調査会…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]