米特恵関税停止、タイ経済に打撃 生産移管に影響も

アジアBiz
2019/10/26 14:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【バンコク=村松洋兵】米通商代表部(USTR)は25日、タイが労働者の権利を保護していないとして、電子部品や水産物など13億ドル(約1400億円)分への低関税を半年後から取りやめると発表した。タイは景気が減速しており、対米輸出がしづらくなれば追い打ちとなる。米国の対中制裁関税を受けて日系企業などが中国からタイに生産移管する動きにも影響が出る可能性がある。

米国はタイからの輸入品で認めている特恵関…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]