GMスト終結 EVが変える労使関係、強硬策に限界

2019/10/26 13:39
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【デトロイト=中山修志】1カ月以上続いた米ゼネラル・モーターズ(GM)工場での全米自動車労組(UAW)のストライキが25日終結した。UAWは昇給などの待遇改善を勝ち取ったが雇用保証は認められず、労使が痛み分けの結果となった。電気自動車(EV)や自動運転など自動車の競争軸が変化するなか、旧来型の労使交渉の難しさも浮き彫りになった。

UAWは25日に組合員の投票を締め切り、賛成多数でGMの労働協約の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]