内憂外患の印タタ自動車に光明、最終赤字が大幅縮小
7~9月 中国販売が好転 黒字化はインド次第

アジアBiz
2019/10/26 2:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ムンバイ=早川麗、広州=川上尚志】内憂外患にあえぐインドの自動車大手、タタ自動車の業績に光が見え始めた。中国での販売不振、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る混乱、国内販売の急減と三重苦に見舞われていたが、25日発表した2019年7~9月期の連結決算は最終赤字が18億ルピー(約27億円)となり、前年同期(100億ルピーの最終赤字)から大幅に改善した。販売が増加に転じた中国の好調を維持しつつ、不振の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]