「地下神殿」もフル稼働 台風19号、薄氷の首都治水

2019/10/28 14:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

未曽有の豪雨をもたらした台風19号の際、関東各地に整備された調節池などがフル稼働して水を蓄え、大規模浸水をなんとか食い止めた。国や東京都はさらなるハード整備を進めるが、想定する計画だけでも膨大な費用と時間を要する。治水対策が進んだとはいえ、首都の水害リスクは消えていないことが改めて浮き彫りになった。

台風19号が首都圏に接近していた12日午前11時半ごろ、「地下神殿」と呼ばれる「首都圏外郭放水路…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]