/

台風19号、農林被害額1000億円超す 農水省集計

農林水産省は25日、台風19号による農林水産関係の被害が1048億円になった明らかにした。38都府県からの報告を集計したもので、用水路やため池などの農業用施設に395億円の被害が出たほか、水稲やリンゴなど農作物に86億円の被害が出た。林道や漁港施設などの損壊もあった。まだ把握できていない部分もあり、被害額は今後も拡大が見込まれる。

農水省は同日、台風19号の被害を受けた農家向けの支援策をまとめた。農業用ハウスの修繕経費を助成するほか、出荷施設などの共同利用施設の再建も支援する。環境省と連携し、農地に残った稲わらの処分も進める。

今回の台風では河川の氾濫でリンゴやモモなど果樹農家に大きな被害が生じた。今後、営農再開に向けた支援策も強化する予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン