米消費者態度指数、2.3ポイント上昇 10月確報値

2019/10/26 0:34
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=長沼亜紀】米ミシガン大学が25日発表した10月の消費者態度指数(確報値)は前月から2.3ポイント上昇し95.5となった。2カ月連続の上昇だが、速報値から(96.0)からは0.5ポイント下がり、ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(96.0程度)もやや下回った。

所得増と雇用拡大を背景に米消費者の景況感は良好だ(米ニューヨークの小売店)=AP

「現在の景況感」が113.2で4.7ポイント上昇し、「今後の見通し」も84.2で0.8ポイント上昇した。調査担当者は「消費者は所得増と雇用拡大に目を向けており、それ以外のニュースはほとんど気にかけていない」と指摘した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]