/

この記事は会員限定です

その提訴は「スラップ訴訟」? 判断のポイントは

[有料会員限定]

批判的な言動で名誉を毀損したなどと訴訟を起こされた側が「言論を封じるための不当な提訴だ」と主張した裁判で、「提訴は違法」とする判決が9~10月に2件相次いだ。勝訴の見込みがないのに、相手への威圧などを目的として起こす訴訟は「スラップ訴訟」と呼ばれ、米国では規制する州もある。裁判を受ける権利は憲法で認められ、正当な訴えとの線引きは難しい。判例から判断のポイントを探った。

「金銭の支払いを命じられるか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1041文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン