「日米貿易協定、早期発効を」 首相 富士山会合開幕

2019/10/25 23:24
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は25日、都内で開いた日本経済研究センターと日本国際問題研究所が主催する国際会議「富士山会合」の開会記念レセプションにビデオメッセージを寄せた。24日の衆院本会議で承認案が審議入りした日米貿易協定について「早期発効により、日米関係がさらに強化されることを期待する」と述べ、貿易・投資の一層の拡大をめざす方針を示した。

安倍晋三首相は富士山会合の開会に寄せたビデオメッセージで「日米同盟はかつてなく強固だ」と強調した(25日、都内のホテル)

5月のトランプ米大統領の訪日などを念頭に「日米同盟は史上かつてなく強固だ」と語った。北朝鮮による弾道ミサイルの発射など核・ミサイル問題に言及し「東アジアの安全保障環境は厳しさと不確実性を増している」と指摘。「今ほど日米が主導的役割を果たすことが求められている時はない」と述べ、国際課題の解決に日米がともに取り組む考えを強調した。

レセプションであいさつしたヤング駐日米臨時代理大使は、北朝鮮や中国との関係をめぐり「日米韓の3カ国が連携するのが理想だが、現在の状況は最適ではないと誰もが認識している」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]