/

この記事は会員限定です

経産相辞任、国会にらみスピード決着 擁護の声乏しく

[有料会員限定]

秘書が地元の選挙区で香典などを配ったと問題視された菅原一秀氏が25日に経済産業相を辞任した。自民内からも辞任論が浮上し、問題を報じた24日の週刊誌発売からわずか1日で交代に追い込まれた。野党の審議拒否による国会空転のリスクを避け、幕引きを図った。後任には菅原氏と同じく菅義偉官房長官に近い梶山弘志氏が就いた。

安倍晋三首相は25日午前、菅原氏から辞表を受け取るとただちに梶山氏を呼び、後任に任じた。記...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り989文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン