スマート農業が食糧危機を救う
Early Stage 米国発

コラム(ビジネス)
2019/10/29 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界人口の増加に伴う食糧の需要増への対応や、地球環境に優しい農業をテクノロジーで解決しようとするスタートアップがアメリカで資金を調達している。ビッグデータを活用したスマート農業から、農業分野の若手起業家を育成するインキュベーションプログラムなど、アグリテックに関連するスタートアップを紹介する。

「Early Stage 米国発」では、米サンフランシスコに拠点を置く有力ベンチャーキャピタルのScru…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]