大阪・夢洲に客船ターミナル IR見据え24年にも

2019/10/25 21:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪市が2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の会場となる人工島・夢洲(ゆめしま、同市此花区)の北端に、24年にも客船ターミナルを整備することが25日、分かった。夢洲は大阪府・市が誘致を目指すカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の建設予定地でもあり、府・市は24年度のIR開業に向け、建設作業員や資材の輸送手段としても活用する。

市関係者によると、客船ターミナルの整備は24年より前倒しする可能性…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]