/

この記事は会員限定です

働き方改革が変えた消費者 小売り、24時間営業転機

[有料会員限定]

セブン―イレブン・ジャパンが営業時間を短縮した時短営業を本格的に始める。消費者の利便性のため1970年、80年代に小売りや外食企業に広がった24時間営業だが、人手不足に伴う人件費の高騰や働き方改革に伴う消費者の生活様式の変化を受け、転機を迎えた。24時間フル稼働で構えなくても、生産性を重視し持続可能な事業モデルを企業は模索し始めた。

午前7時から午後11時の営業を売りに参入したセブンが福島県の店舗...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1147文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン