「従業員への配慮、男女平等は重要な課題」パリ弁護士会会長
マリー・エメ・ペイロン氏

2019/10/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第二東京弁護士会との共同セミナーのため来日したパリ弁護士会のマリー・エメ・ペイロン会長に話を聞いた。一問一答は以下の通り。

――企業に環境・社会課題への対応や従業員への利益配分を求めるPACTE法の影響について、どう評価されていますか。

「英国の欧州連合(EU)離脱問題がくすぶり、むしろフランスに様々な会社の本社が置かれるようになっている。企業にとっても従業員が協力的に働いてくれることは発展の支…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]