/

この記事は会員限定です

「高値でも個人の買い続く」田中貴金属ジュエリー社長

[有料会員限定]

金価格が高い。国内の金の店頭価格は6月に節目の1グラム5千円を突破し足元でも約40年ぶりの高値圏だ。米中貿易戦争による景気の悪化が相場を押し上げる。10月には消費増税が実施されるなど内外で金需要に影響を与える要因が目立つ。国内地金商大手の田中貴金属ジュエリーの田中和和社長に販売動向や増税の影響を聞いた。

――国内の金価格は高止まりしています。

「金価格は経済を推し量る一つの指標だ。世界的な低金利...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1214文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン