/

この記事は会員限定です

ワクチン接種まず120万頭、豚コレラ対策 岐阜や愛知

[有料会員限定]

家畜伝染病である豚コレラの発症を防ぐためのワクチン接種が25日から始まった。農林水産省から承認を受けた10県のうち、岐阜や富山など6県が同日に接種に着手した。他の4県も準備が整い次第接種し、120万頭の豚が当面の対象になる。日本はワクチン接種を2006年に中止したが、13年ぶりに再開した。現状では豚肉の供給や価格などへの影響は限定的とみられる。

約740頭の豚を飼育する愛知県岡崎市の愛知県畜産総...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1074文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン