外為法改正、安保と投資に揺れる「1%」
米国の対中投資規制強化が伏線に

米中衝突
法務インサイド
瀬川 奈都子
編集委員
2019/10/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国家安全保障を目的とした対内投資規制を諸外国並みに厳しくする外為法の改正案に、金融市場と産業界が揺れている。「抜かずの宝刀」だった日本の外為法の改正に、外国投資家や国内のベンチャー企業などからは驚きと懸念の声が相次いだ。外国投資家に事前届け出を求める「1%以上の株式取得」の条件は、市場参加者の反発を受けて免除される範囲が示されたが、線引きには、なお不透明さが残る。政府が急きょ法改正に動いた背景に…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]