/

この記事は会員限定です

外為法改正、安保と投資に揺れる「1%」

米国の対中投資規制強化が伏線に

[有料会員限定]

国家安全保障を目的とした対内投資規制を諸外国並みに厳しくする外為法の改正案に、金融市場と産業界が揺れている。「抜かずの宝刀」だった日本の外為法の改正に、外国投資家や国内のベンチャー企業などからは驚きと懸念の声が相次いだ。外国投資家に事前届け出を求める「1%以上の株式取得」の条件は、市場参加者の反発を受けて免除される範囲が示されたが、線引きには、なお不透明さが残る。政府が急きょ法改正に動いた背景に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1764文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン