/

コメ兵、ブランドオフの事業承継で最終合意

中古ブランド品流通大手のコメ兵は25日、同業のブランドオフ(金沢市)の全事業を引き継ぐことで、同社と最終合意したと発表した。ブランドオフが保有する店舗や人材を承継するが、債務は引き継がない。合意の効力が発揮するかどうかは、ブランドオフとブランドオフの債権者との交渉次第になる。

コメ兵が10月11日に設立した全額出資子会社「K―ブランドオフ」が承継会社となり、ブランドオフの事業を引き継ぐ。K―ブランドオフの社長にはコメ兵の山内祐也執行役員が就いた。

コメ兵は9月、ブランドオフとのスポンサー支援に関する基本合意書を締結したと発表していた。ブランドオフは業績悪化が続くが、香港や台湾での海外展開のノウハウを生かせると判断した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン