宮城のマガン 人と鳥、距離感を模索
海と水辺の散歩

コラム(社会・くらし)
2019/11/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

私たちのNPO法人田んぼの活動拠点がある宮城県大崎市は、米どころ、仙台平野の北のはずれにある。ここを流れる迫川(はさまがわ)や鳴瀬川などは、かつて度々氾濫し、無数の池沼を形成してきた。人々は繰り返される水害を乗り越えながら池沼を少しずつ干拓し、水田へと転換してきたのである。

今年の台風19号による大雨でも川が氾濫して浸水は広範囲に及び、水深は2メートルにも達した。収穫期の米農家には大きな痛手だが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]