/

この記事は会員限定です

香港自治「北京の強権」懸念 米国防次官補がけん制

日経・CSISシンポに出席

[有料会員限定]

米国防総省でアジア太平洋地域の安全保障政策を統括するランドール・シュライバー国防次官補は25日、都内で日本経済新聞の取材に応じた。6月から続く香港の大規模デモについて「参加者の合法的な要求に香港政府が応えるよう期待している」と述べた。「懸念の大部分は(香港の)自治を一段とむしばみかねない北京の強権だ」と語り、中国政府をけん制した。

シュライバー氏は日本経済新聞社が米戦略国際問題研究所(CSIS)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り495文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン