寝たきり患者の温泉旅行、拡大へ連携 佐賀・大分など

2019/10/25 17:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

佐賀県嬉野市の佐賀嬉野バリアフリーツアーセンター(BFTC)と民間救急らかん(福岡県糸島市)は寝たきりの人や要介護者の温泉旅行拡大へ、大分県や鹿児島県のBFTCとの連携を始めた。ハード・ソフト両面での受け入れ態勢づくりに必要な情報交換をし、「全ての人にやさしい観光地」増加を目指す。2020年東京五輪・パラリンピックも見据え、九州のバリアフリー観光を進める考えだ。

連携を開始したのは別府・大分バリ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]