/

「健康経営は投資」中災防、京都での全国大会が閉幕

中央労働災害防止協会(中災防、会長=中西宏明経団連会長)が3日間の日程で京都市内で開催した全国産業安全衛生大会が25日閉幕した。同大会は経営者、産業安全・労働衛生スタッフ、管理・監督者らが一堂に会する国内最大の安全衛生イベントで、約1万1000人が参加した。

メンタルヘルス・健康づくり分科会で講演したJXTGホールディングスの武藤潤副社長は「健康経営は、労務費や福利厚生費などコストとして捉えるのではなく、生産性や企業価値の向上に向けた投資として考えるべきだ」と指摘した。

大会と同時に、国内最大の保護具・機器の展示会「緑十字展」が開催され、約1万5000人が来場した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン