デニム製品PRへ職員着用 岡山県

2019/10/25 17:24
保存
共有
印刷
その他

岡山県は25日、県の特産品であるデニム製品のPRに向けて職員の着用を推奨する取り組みを始めた。地元メーカーが構成する岡山デニム協同組合が10月26日を語呂合わせで「デニムの日」としたことにちなんで、県も同日を「デニム製品愛用の日」に制定。25日は試行として、産業労働部の職員がシャツなどを着て職務にあたった。

井原市産のデニムジャケットを羽織って記者会見に臨んだ岡山県の伊原木知事(25日、岡山県庁)

井原市のメーカーのジャケット姿で記者会見に臨んだ伊原木隆太知事は「違和感なく羽織れる。高級ブランドが取り入れるなど、岡山デニムを世界中に知ってもらうにはポテンシャルが十分にある」と強調。評判が良ければ、来年以降に庁内で取り組みを広げていく可能性を示唆した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]