炎熱のエジプト、遅れてきた太陽光発電ラッシュ

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/10/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

エジプトで太陽光発電の建設が活発になってきた。地場企業に加え、ドイツやノルウェーの企業による発電プラントの整備が相次いでいる。カイロなどで大気汚染が深刻になるなか、化石燃料依存を減らそうと、政府は2016年で総電力の3%にとどまる再生可能エネルギーの割合を30年代には30%超にする目標を掲げる。太陽光で発電した電力の買い取り保証も投資の追い風だ。広大な砂漠と灼熱(しゃくねつ)の太陽光がある同国は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]