/

モーターショー会場にキッザニア出現 一般公開始まる

2年に1回の東京モーターショーは25日、一般公開が始まった。新たな自動運転技術を盛り込んだ電気自動車(EV)のコンセプト車などを展示している。幅広い層の関心を集めるためチケットなしで観覧できるエリアも設けた。主催者側は11月4日までの期間中に、2017年の前回より20万人以上多い100万人の来場を目指している。

会場内に、就業体験ができる子供向けレジャー施設「キッザニア」が初めて出現した。車両整備や金型磨き、レーシングなど、車に関連する11種類のアクティビティが用意されている(映像は報道向け公開で撮影)。

若者の車離れが指摘されるなか、子供たちに車の楽しさを伝える狙いがある。自動車業界からはトヨタ自動車ホンダ日産自動車など10社が参加する。

東京モーターショー2019特設ページへ
TOKYO MOTOR SHOW 2019

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン